夜の飲食店で働く方達には源氏名があり、その名前になりきってお客さんに接客をします。その名前を聞くといかにも夜に働く人の名前です。ありきたりの名前は多いのですが、これは名前をお客さんにも覚えてもらいやすくする為でもあります。

現在の子供達の名前にはキラキラネームというのが流行っており、これが格好いいと思っている名付け親が多いです。私は独身で子供がいない立場ですがあのような名前は子供には付けたくはありませんね。

子供が年寄りになった時を考えてみてください。
例えば女の子の名前が乃愛琉(のえる)という場合「乃愛琉おばあちゃん。」なんて呼ばれることを想像してみてください。変だとは思いませんか?変だと思わない親が多いからこそこんな名前が多いのだと思いますが名前を呼ばれるのにも何て読むのかわからないということが起こるのはどうかと思います。

このようなキラキラネームをつけられた子供たちは親のせいでいじめにあったり、就職活動や結婚などでは不利になってしまうということも聞きます。キラキラネームは当て字ということから何て呼んだらよいのかわからないということもあり、手続き上混乱を招くと判断されてしまうようです。結婚に関してもこんな名前をつける親はまともな人じゃないと思われてしまうようです。

人は見た目ではないと世間では言いますが、キラキラネームが付けられてしまう子供たちは見た目ではなく名前だけで判断されてしまいます。今後、これから生まれてくる子供の名前はどうなってしまうのでしょうか?名前で格差をつけられてしまう世の中だけにはなって欲しくないですね。